家屋調査

家を建てると、固定資産税額決めるために家屋調査にやってきます。
家屋調査

家屋調査

2018年12月07日
テーマ
スタッフ の日々のできごと, 学び, 暮らしのお役立ち

こんにちは、髙橋です

 

先月末に家屋調査がありました!!

 

20181207_家屋調査

 

役場の方が2人来られて

家の外と中を見て回ってました。

 

ちょっと思ったんですが

家屋調査は

引き渡しから23ヶ月経ってから

来たって人が多いんですが

家が建ってすぐとかにできないんですかね??

収納の中も見られるので

生活感たっぷりなとこを

見せないといけないってとこには

抵抗ある人いると思うんですよねー(*_*)

収納の中も見るって聞かされた時は

 

まぢか‼︎()

 

ってなりましたからね  

 

家を見てもらったあとに

色々手続きの説明を受けて終わったのですが

固定資産税いくらくらいになるんだろ(°_°)

ドキドキです!!

 

家屋調査が来るまで特になにも考えてなく

固定資産税にプラスされるのはなにか

色々調べてみたんですが

キッチンやユニットバス、洗面台の

大きさによって変わったり

トイレや洗面台の数によっても変わったり

1番びっくりしたのが

 

浴室暖房乾燥機!

 

プラスになるんですね!!

浴室暖房乾燥機ついてるのが

結構当たり前みたいに思ってたからびっくりです()

 

あとプラスになるのが

・床暖房

・エコカラット(壁紙全体の面積に対して1%超えた場合)

・トイレの手洗い場が別な場合

・太陽光(屋根自体が太陽光パネルの場合)

・物置(地面に固定されてる場合)

・玄関タイル(タイルが大きい場合)

・エコキュート(370Lより大きい場合)

など色々ありました!!

とりあえず贅沢仕様にすると

固定資産税は高くなっちゃうって

ことですねー()

 

固定資産税にそこまで関心なかったσ(^_^;)

なんかわかりやすいプリントとか

全国統一して配ってほしい 笑

 

家を建てる時には

税についても色々勉強しないと

 

いけないってことですね(*)

 

ブログ一覧へ戻る
同じテーマの記事